奈良びわの葉会
2020/03/10
3月25日(月) 14時~◯ 他の日は今のところ満席ですが、毎日変動することもありますので、お問い合わせくださいませ。 お問い合わせ narabiwa@gmail.com
3月21日は春分の日です。春分の日は昼夜がほぼ同じ長さになります。 本日は満月とも重なるので、手放し満月と言って要らないものを手放すのに良い日になります。 要らないものと言えば、物と考えがちですが グズグズしている自分 人のせいにする自分 八方美人な自分 これらを手放して、自分のやりたい事をはじめるのに良い時期になります。

二日灸ってご存じですか? 旧暦の2月2日・8月2日にお灸やお体のメンテナンスをすると効果倍増だと昔から言われています。 2019年は3月8日・8月31日になります。 旧暦2月2日にお灸すると、その年を無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。...

3月6日~3月20日は啓蟄【けいちつ】と言う季節になります。 今の季節を「木の芽どき」とも言います。樹木や草が、新しい芽を吹くころでもあります。 季節の変わり目は常に体調の変動が起きやすいものですが、この「木の芽どき」は、一年で最も体調を崩しやすい時期かもしれません。...

2月19日~3月5日まで雨水【うすい】という季節になります。 春に厚着・秋に薄着が良いと言われています。これは、春だからと言ってすぐに薄着になると風邪をひきやすいので、しばらくは厚着でいましょうと言う意味です。 春は、弱っているところに不調が出ます。...

2019年2月4日~2月18日は立春となります。 冬土用が終わったので、新しい事やガーデニングなども大丈夫になります。 人生100年と言われていますので、ぜひ新しい事をはじめてみましょう。 1日で学べるビワの葉療法はコチラ まだまだ2月は寒い日はあると思いますが、2月4日~5月6日が【春】になります。...

びわの葉療法 · 2019/02/01
ビワ温熱していると、部屋中に良い香りが漂います。 良い香りですねと良く言われます。 奈良びわの葉会で取り扱っているビワ温熱は、火を使わないので、煙はありません。 香り成分に、アロマのネロリと同じネロリドールが含まれています。 ネロリドールは、若返り、女性ホルモンの分泌を促す、悲しみを癒すと言われています。...

お客様の声 · 2019/01/26
乳がんの手術後、標準治療を続けてきたものの腫瘍マーカーの数値が上昇し、それを機に1年前から当サロンでビワ療法を中心とした養生に取り組んできた生駒在住の細川美津子さん(56)は、努力の甲斐あって諸々の不調が改善し、腫瘍マーカーの数値も正常値を保っておられます。...
お客様の声 · 2019/01/25
彼女がビワ温灸と出会ったのは大学病院に入院していた時です。たまたま同室の隣のベッドに多発性骨髄腫の患者さん(女性、50代前半)がいて、せっせとビワ温灸を当てている姿を目にしたことで、興味をもたれたのでした。...

びわの葉療法 · 2019/01/24
東洋医学では、本来血液は3~4か月で新しい血液に生まれかわると言われています。 冷えやストレスで血流が滞り古いままの血液を、お血と言います。 お血になると、さらにドロドロし頭痛・生理痛・関節痛・腰痛・ポリープ・肩こり・子宮筋腫・目の下のクマ・肌のシミ 物忘れ・便秘・腫瘍ができるようです。

さらに表示する