奈良びわの葉会

季節に合った過ごし方

2月19日~3月5日まで雨水【うすい】という季節になります。 春に厚着・秋に薄着が良いと言われています。これは、春だからと言ってすぐに薄着になると風邪をひきやすいので、しばらくは厚着でいましょうと言う意味です。 春は、弱っているところに不調が出ます。...

2019年2月4日~2月18日は立春となります。 冬土用が終わったので、新しい事やガーデニングなども大丈夫になります。 人生100年と言われていますので、ぜひ新しい事をはじめてみましょう。 1日で学べるビワの葉療法はコチラ まだまだ2月は寒い日はあると思いますが、2月4日~5月6日が【春】になります。...

1月20日~2月3日は大寒【だいかん】と言う季節になります。 1年で最も寒い時期と言われています。天気予報によると関西では27日~最も冷えるそうです。インフルエンザになる方も急増しているようです。暦の上では晩冬にあたります。首や肩の筋肉が固まりやすいので、しっかり温めて予防しましょう。...

土用と言えば夏のうなぎと言うイメージですが、春夏秋冬1年に4回あります。 土用期間にしてはいけない事、冬土用に食べると良い物をご紹介します。 土用期間は毎年少しづつ違います。2019年冬土用は1月17日~2月3日までになります。

1月6日~小寒【しょうかん】と言う季節になります。 小寒から(寒の入り)と言い、これから立春までの間を(寒のうち)と言います。 これは、1年で最も寒い時期を表し酒・味噌・寒天などを仕込むのに適しています。 ビワの葉も1年で最も薬効がある時期となりました。 1月7日は人日[じんじつ]の節句です。...

12月22日から1月5日までの過ごし方をご紹介します。 12月22日は冬至 冬至とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなり、日照時間が最も短くなる日 冬至の日照時間は夏至と比べると4~5時間少ないのです。 冬至は次の日から日が長くなるので、生まれ変わりの日と言われています。 一陽来復(いちようらいふく)...

12月7日~12月21日は大雪【たいせつ】と言う季節になります。 12月22日冬至に向けてどんどん冷えに注意する時になりました。 関西では雪の心配をすることもないですが、朝晩冷え込みますのでしっかり風邪対策をしたいですね。 12月13日は【正月ことはじめ】すす払いから大掃除、正月飾りの準備を始める日になります。

11月22日~12月6日頃まで、小雪【しょうせつ】と言う季節になります。 木枯らし1号が観測される時期です。 木枯らしとは、10月22日霜降~12月22日冬至までの間に西高東低の冬型の気圧配置で、北よりの風速8m以上の風の事です。 寒さ対策をしないと? 物忘れが増えるので、しっかり温めましょう...

11月は、朝晩は冬のように冷え、昼間は小春日和の日もありますね。 小春日和は、11月7日立冬から12月6日までの間に、まるで春のようにポカポカ暖かい日を表します。 寒いと、熱を作ります。 暑いと、熱を逃がします。 多くのエネルギーを必要としますので 寒暖差疲労をおこします。 寒暖差疲労は、自律神経の乱れの原因となりますので...

【立冬】11月7日 ~11月21日まで立冬(りっとう)は乾燥、寒冷の季節に入ります。 立冬以降、寒くなりエネルギーをしっかり貯める時期になります。 「脾臓・胃腸」の働きが活発になり、栄養吸収が良くなる体を作るため、背中の経絡の詰まりを解消するために、マッサージやビワ温熱がおすすめです。...

さらに表示する