奈良びわの葉会

季節に合った過ごし方

12月7日~12月21日は大雪【たいせつ】と言う季節になります。 12月22日冬至に向けてどんどん冷えに注意する時になりました。 関西では雪の心配をすることもないですが、朝晩冷え込みますのでしっかり風邪対策をしたいですね。 12月13日は【正月ことはじめ】すす払いから大掃除、正月飾りの準備を始める日になります。

11月22日~12月6日頃まで、小雪【しょうせつ】と言う季節になります。 木枯らし1号が観測される時期です。 木枯らしとは、10月22日霜降~12月22日冬至までの間に西高東低の冬型の気圧配置で、北よりの風速8m以上の風の事です。 寒さ対策をしないと? 物忘れが増えるので、しっかり温めましょう...

11月は、朝晩は冬のように冷え、昼間は小春日和の日もありますね。 小春日和は、11月7日立冬から12月6日までの間に、まるで春のようにポカポカ暖かい日を表します。 寒いと、熱を作ります。 暑いと、熱を逃がします。 多くのエネルギーを必要としますので 寒暖差疲労をおこします。 寒暖差疲労は、自律神経の乱れの原因となりますので...

【立冬】11月7日 ~11月21日まで立冬(りっとう)は乾燥、寒冷の季節に入ります。 立冬以降、寒くなりエネルギーをしっかり貯める時期になります。 「脾臓・胃腸」の働きが活発になり、栄養吸収が良くなる体を作るため、背中の経絡の詰まりを解消するために、マッサージやビワ温熱がおすすめです。...

10月23日から11月6日まで霜降(そうこう)と言う季節になります。 ちょうど10月20日から11月6日までは秋の土用期間と重なります。 昔から、おばあちゃんの知恵袋では春夏秋冬の土用期間にお灸をしたら効果倍増と言われています。 ビワ温熱にぴったりな季節となりました。 おすすめのツボは、合谷、手の三里、足の三里などです。...

10月20日~11月6日は秋の土用と昔から言われています。 一般的に土用の時は、新しい事や土を掘り起こしてはいけないと言われています。 土の神様が怒るからだそうです。 土用の時は、結婚、開店、新築工事、畑仕事、ガーデニングなどはダメだそうです。 でも、畑仕事などできないなんて困りますよね。...

生駒山は、秋の夜長に虫の音が大合唱してとても癒されています。 コオロギ、キリギリス、鈴虫かな? 10月8日から10月22日までの期間を、24節季では寒露【かんろ】と言います。 10月20日から秋の土用に入りますので、土用の事も少し意識しましょう。 土用は、お腹、胃腸に影響があります。 この時期に食べ過ぎると、すぐに胃腸を悪くします。...

朝晩が寒いくらいですが、昼間は暑いですね。 この、気温差が体調不良の原因になるようです。台風は連続してくるし、雨がふり、自律神経が上手く働いていなくてついていけないようです。 今年の夏は猛暑で、冷房がきいた部屋で過ごし、冷たいドリンクなどで体は冷え冷えです。...

9月24日・10月21日・11月17日はお月見です。 3回お月見ができると縁起が良いと日本古来からの言い伝えです。 もちろん、ビワ温灸やエステなどお体のメンテナンスにも最適です。 元々は、旧暦8月15日・9月13日・10月10日になります。

9月23日は秋分の日。 今年は秋分の日が日曜日のため、22日(土)〜24日(月・祝)まで三連休の方も多いですね。 秋分の日は、「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」日として国民の祝日に定められています。 彼岸とは、仏教の言葉で、煩悩を脱した悟りの境地のことを指しているそうです。 この期間には、宗派を問わず各寺院で彼岸会の法要が行われます。...

さらに表示する