奈良びわの葉会
     · 

    ビワ茶をプレゼントにご購入頂きました!

     

     

    お料理の先生の林原さんが、ビワの葉と言えば澤さん!と思い出してくださりビワ茶をご購入して下さいました。

     

    同じ生駒で個人で活動されている方との繋がりも、嬉しいものですね。

     

    林原さんのブログはコチラ

    ご了承をえて、ご紹介させて頂いております。

     

    ビワの葉を煎じたものは「枇杷葉湯びわようとう」と呼ばれ、古くから整腸、下痢止め、痰切りの健康飲料として広く親しまれてきました。鮮やかなピンク色でわずかに甘みのあるまろやかな口当たり。お子さまからお年寄りまで、誰にでも美味しく召し上がっていただけます。

     

    バラ科の植物で、寒い冬に花をつけ、一年中その葉に緑をたくわえ、生命力旺盛で、その緑の葉は枇杷葉湯として飲むなど、昔から健康維持のために活用されてきました。


    ビワの葉の成分は、ブドウ糖・蔗糖・果糖・マルトース・でんぷん・デキストリン・酒石酸・クエン酸・リンゴ酸・アミグダリン・タンニン・サポニンなどです。中でも、アミグダリンというという物質には卓越した効用があると言われ注目を集めました。
    また、また近年では、高知大学や高知医大の研究でビワの種の効果が科学的に確認されました。

     

    ビワと健康にビワ茶による改善例の体験談が掲載されています。

     

    私も先日、喘息だと診断されましたがずいぶんマシになりました。

    ブログ記事はコチラ


    奈良びわの葉会

    LINE@にご登録頂くとお問合せがスムーズです。ブログ更新情報もお届け中

    友だち追加