奈良びわの葉会
     · 

    世界遺産唐招提寺

    ビワの葉療法は鑑真和上が日本に持ち込んだと言われています。

    鑑真和上の命日が6月6日なので、おまいりに行ってきました。

    唐招提寺は、毎年、鑑真和上の命日(6月6日)を偲ぶ法要「開山忌」を挟んだ3日間開催されます。

    2018年6月5日(火) ~ 2018年6月7日(木)
    (09:00~16:00)

     

    鑑真和上像は新宝蔵にて公開されています。

    鑑真和上像が元々安置されておりました御影堂は現在修復工事中(平成33年頃まで掛かる予定)ですので、それまでは御影堂も東山魁夷の襖絵も、唐招提寺での公開予定はないようです。

     

    高僧の肖像や彫刻は数多く遺されていますが、その中でも最も古いものとされています。

     

    平成の大修理を終えた唐招提寺「金堂(国宝)」

    お堂内にいらっしゃる盧舎那仏坐像・千手観音立像・薬師如来立像の三尊も素晴らしいです。

    唐招提寺の御朱印を頂きました。

    6月5日6日7日しか頂けない鑑真和上の御朱印も頂きました。

    唐招提寺には、綺麗な蓮が咲く池があります。


    蓮の花は、綺麗な真水では、大きな花を咲かすことはできず、大輪の花を咲かせるためには泥水でなくてはならないのです。

     

    泥水は「人生そのもの」であり、その厳しい環境の中で大輪の花を咲かせ、実を実らせる…お釈迦さまは「悟り」を伝えるために、蓮の花の台座に鎮座していると考えられています。

     

    唐招提寺前のみやげ処 きとらさんで特選抹茶ソフトクリームは、植村牧場さんの美味しい牛乳を使っていてとても美味しかったです。

    唐招提寺 アクセス

    LINE@にご登録頂くとお問合せがスムーズです。ブログ更新情報もお届け中

    友だち追加