奈良びわの葉会

    夏土用はこんな事に気をつけましょう!

     

     

    土用と言えば夏のうなぎと言うイメージですが、春夏秋冬1年に4回あります。

     

    土用期間にしてはいけない事、夏土用に食べると良い物をご紹介します。

     

    土用期間は毎年少しづつ違います。2018年夏土用は7月20日~8月6日までになります。

    ちなみに暑中見舞いは8月6日までとなります。

    8月7日からは残暑見舞いとなります。

    土用期間にしてはいけない事

    土いじり・ガーデニング

    土木工事

    大きな家具を動かす

    引っ越し

    結婚

    開店

    喧嘩をする

    なぜしてはいけないの?

    土用期間中は土公神(どくじん)という神様が土の中にいらっしゃると言われています。土の神様がいらっしゃるので、ガーデニングや土木工事をすると祟りがあると言われています。夏の土用は、ついつい動き回ったりしてしまいますがハードスケジュールにすると、秋にしんどくなります。夏の過ごし方が秋に影響があり風邪をひきやすくなります。ぎっくり腰にもなりやすい時期なので、大きな家具を動かす模様替えより、衣替えや整理整頓などをしましょう。

    どうしてもダメなの?

    とは言っても、土用期間は18日もあります。困りますよね?

     

    土の神様が天にお帰りになる日を間日と言って、この日は大丈夫という日があります。

     

    2018年夏土用の間日は7月22日23日27日8月3日4日です。

    この日は畑仕事やガーデニングも大丈夫です。

     

    土用の丑の日におススメは?

    2018年夏土用の丑の日は 7月20日、8月1日

     

    「夏に売り上げが落ちる」と鰻屋から相談を受けた蘭学者の平賀源内が、店先に

     

    「本日丑の日」
    土用の丑の日うなぎの日
    食すれば夏負けすることなし

    という看板を立てたら大繁盛したことで、ほかのウナギ屋もマネするようになったとか。
    この「本日丑の日」は、日本初のコピーライティングともいわれています。

     

    ウナギ以外には「う」のつく食べものがよいといわれます。
    「丑(うし)の日」の「う」ですね。
    例えば、うどん・ウリ・梅干し・ウサギ・馬肉(ウマ)・牛肉(ウシ)など。

    いずれも栄養価が高い、または食欲がなくても食べやすい食材ばかり。
    平安時代から室町時代には「めぐり」という水団(すいとん)や小豆、ニンニクを食べていたと伝わっています。
    「食べて元気をつけよう」というのは、共通のようです。

     

     

    夏土用の過ごし方

     

     

    土用は、あちこち動き回るよりは整理整頓やお体のメンテナンスに向いている時期です。

     

    昔から土用期間は、おばあちゃんが縁側でお灸をして体を労わっていました。

     

    土用期間にするお灸を土用灸と言います。

    普段よりも効果が倍増すると言われています。

    土用期間にビワ温灸を試してみませんか?

     

    奈良びわの葉会