奈良びわの葉会

    台風接近による体調不良対策

    台風が近づくと自律神経の乱れによる体調不良になる方も多いですね。

     

    めまい、頭痛、胃炎、膝が痛い

    過去の手術あとが痛い

     

    原因やメカニズムについてはまだまだ研究中のようですが、低気圧になると体内の血管やリンパが膨張し脳を圧迫して頭痛を起こしたり、気候や気圧の変化で自律神経が乱れたりすることが考えられます。乗り物酔いしやすい、めまいを起こしやすいなどがある方は気圧の影響を受けやすいタイプといえそう。

    なぜそうなるの?

    「雨による湿気」。漢方では過剰な湿気を“湿邪(しつじゃ)”と呼び、カラダに入り込み、体内の水分を必要以上に増やし悪影響を及ぼすと考えられています。余分な水分はカラダのあちこちに溜まりやすくなり、むくみや頭痛、めまい、食欲不振など、さまざまな症状を引き起こす原因になると言われています。

     

     

    島国である日本は四方八方を海に囲まれているため、全方位から湿気が入り込みやすく、私たちは湿気にさらされやすい環境で生活しています。

     

    日本に住んでいる時点で、湿気やすい下地ができているようなものです。

    さらに、“過剰な湿気は胃腸を弱らせる”と考えられています。

    漢方では「胃腸(脾)は乾燥を好み、湿気を嫌う」と言われていて、湿気の多い梅雨や夏に、食欲不振や消化不良が多く、乾燥する秋には「食欲の秋」と銘打つほどに食欲が増し、消化が良くなります。

    湿気の多い環境にいる日本人の胃腸は弱くなりやすく、そのため昔から胃腸に優しい淡味の和食が浸透し根付いたとも言われています。胃腸が弱くなると全身の水の巡りはさらに悪くなり、ますます湿気やすいカラダになります。

     

    土用と台風でさらに注意!

    今は夏の土用期間真っ只中、そこに台風となると気をつけないといけません。

     

    気をつける事は?

     

    食べすぎないようにしましょう

    体をあたためましょう

    お風呂はバスタブにつかりましょう

    ゆっくりしましょう

     

    甘くみていると、自律神経の乱れをほおっておく事になるので

     

    血管がボロボロになるようですよ。

    おすすめの食材は?

    おすすめは“まめ・うり・かいそう”。漢方では、黒豆やハトムギなどの豆類、きゅうりやゴーヤなどの瓜類、また、昆布やわかめなどの海藻類には体内の水の巡りを良くする働きがあると考えています。

     

    奈良びわの葉会