奈良びわの葉会
     · 

    生駒ケーブル100周年父の写真

    生駒ケーブル線は日本最古で今年で100周年になります。

     

    芥川龍之介さんが生駒ケーブルに乗ったとご自身の作品の中にも書かれています。

     

    過去の生駒市観光フォトコンテストの作品の中から、生駒ケーブル沿線の写真を鳥居前えきコンコースに8月末まで展示されています。

     

    その中に父の写真があります。

     

    今から6年前に、末期の肝臓がんと診断された父

    ビワの葉療法、食事の見直しなどをするとみるみる元気になりました。

    元気になったお祝いに、一眼レフカメラをプレゼントしました。

    父は生まれ育ったのが宝山寺の敷地内でお土産物屋さんでした。

    寅さんの映画・浪速の恋の寅次郎では、そのお土産物屋さんの前を渥美清さんと松坂慶子さんが歩くシーンが撮影されました。

    そんな思い出がある宝山寺界隈をカメラで撮影することが喜びになっていました。

     

    いつもは車で行くけれど、たまにはケーブルに乗ろうかなと思いました。

     

    奈良びわの葉会