奈良びわの葉会

    夏に老けるって本当?

    こんなに暑いのに、秋の話?と思われるかもしれません。

     

    暦の上では8月7日からは立秋になります。

    ようやく夏の土用期間が終わります。夏の土用期間にハードスケジュールだった方は体調不良になりやすいので、なるべくゆったりと過ごすようにと毎回お伝えしています。

     

    夏にハードスケジュールで無理をされた方は、秋にどっと老けます。老化現象が早くきます。

     

    少しでも予防したいですよね?自律神経に着目しましょう。

    夏バテしていませんか?

    • 全身がだるく、疲れがとれない
    • 胃腸の調子が悪くなり、食欲がなくなる
    • 疲れているのに夜眠れない

    夏バテでよくある症状ですが、これらは自律神経失調症の症状でもあります。

     

    暑い外から帰宅し、冷房のきいた部屋で過ごすなど寒暖差のために体温調節が追い付かない

    紫外線をたくさん浴びる

     

    これらが自律神経失調症をまねきます。

    自律神経失調症とは?

    人間の体は60兆個とも いわれる細胞で構成されています。

    自律神経はそれらほとんどの細胞の 働きを調整するために体全体に分布しています。自律神経は無意識のうちに 働いてくれていますので、自分の意思で何ともなりません。
    脳が指令しなくとも体が機能しているのはこの自律神経の調整能力です。
    自律神経には、活動神経である交感神経と休息神経である副交感神経があり、 日常生活で健康な状態を作っているときはこの神経がバランスよく入れ替わり元気でいられるのです。


     自律神経失調症とは、自律神経の バランスが崩れることです。

    原因は“ストレス”、 過度の緊張、疲労、不眠、イライラが原因してバランスが乱れます。

    どうしたら良いのか?

    ・食事では、漬物、味噌、納豆などの日本の発酵食品をしっかり食べる。
    その他、豆類、ゴマ、キノコ類、海藻類を取り入れる。
    ・早寝の習慣をつける。
    ・楽しいことを生活に取り入れる。
    ・入浴はなるべく湯船に入る。無理な場合は足湯とシャワー、半身浴で冷えをとる努力をする。
    ・夏の肌は秋の肌状態に直接結びつくので基本の手入れを毎日行なう。

    ビワ温熱療法がおすすめ

    特におすすめのツボ

     

    首  天柱

    肩  肩井

    腰  腎兪 腰陽関

    お腹 関元

    足  三陰交 太谿

     

    暑いのに温熱療法?と思われるかもしれませんが、夏こそ内臓の冷えがあります。

    これが一番の老ける原因です。

     

    まだまだ暑い日が続きますが元気に過ごしましょう。

     

    奈良びわの葉会