奈良びわの葉会
     · 

    神の水からの天然氷

    かき氷は頭がキーンとなって、最後のほうは溶けて食べる気がしなくなると言うイメージで好きではなかったのです。

     

    しかし、天然水からのかき氷は違いました。

     

    頭がキーンとならないのです。しかも最後の一滴も味わいたいくらいです。

     

    生駒で、奈良のパワースポットである天川村の、ごろごろ水のかき氷が楽しめます。

    ごろごろ水とは?

    ごろごろ水は、ミネラル分が豊富で、特にカルシウムの含有量が多いことから、別名「神の水」とも呼ばれています。

    この水でご飯を炊いたり、お茶やコーヒーを作ると、健康に良いだけでなくとても美味しいです。

    五代松鍾乳洞から湧き出て、炭酸カルシウム型のナチュラルな水質、水温は10.4℃と冷たいです。

    水が鍾乳洞の奥より小石が転がるような音を反響させながら流れ出る様子から「ごろごろ水」と名づけられたと言われています。

     

    ごろごろ水は奈良県天川村洞川(どろがわ)、日本百名山の一つとして大峯山の修験者や参詣者で非常に賑わう場所です。

    標高約820mの高地に位置するこの村にあります。

    ごろごろ水で作られた かき氷

    宇治抹茶ミルク金時  ごろごろ水  楽食✳️宝山
    宇治抹茶ミルク金時 ごろごろ水 楽食✳️宝山

    宝山寺駅前 満席の大人気かき氷屋さん

    宝山寺駅降りるとすぐに、かき氷屋さんがあります。

     

    平日の14時ですでに満席になるほどの大人気のお店です。

    男はつらいよ27/浪花の恋の寅次郎/松坂慶子(1981)

    寅さんの映画のシーンにも登場したお店です。

     

    渥美清さんと松坂慶子さんが生駒ケーブルに乗って、宝山寺駅で降りてまず、私の祖父母のお土産物屋さんの前を歩き、食堂でお食事をされます。

    その食堂が、楽食*宝山で今は、かき氷屋さんです。

     

    今も、渥美清さんと松坂慶子さんが座られたお席があります。

     

    楽食*宝山さんへは、お店のFacebookページをチェックしてからお出かけ下さいね

    宝山寺駅近く開運橋
    宝山寺駅近く開運橋

    開運橋を渡り良い事ありそう♪