奈良びわの葉会
     · 

    生駒のトイレの神様

    宝山寺の聖天さんから奥の院の間に、トイレの神様がいらっしゃいます。

     

    トイレの神様とは、烏瑟沙摩明王の事で炎の明王であり、私たちの一切の汚れ・悪を、烈火で 焼き尽くし浄める力があるとされております。

    古来より、心身清浄安産小児夜泣き夜尿症に効き、 また、長生き、大福、富貴、滅罪を招来するとされております。

    特に、婦人科疾患の平癒祈願妊娠・安産の祈願に『ミョウオンサンに詣る』との記述も見受けられ、特に女性の方々に古くから人気があります。

    また、この烏瑟沙摩明王は、汚れ・悪を取り除く力があるため、トイレにお祀りいたします。

    なぜトイレ掃除をすると金運アップなのか?

    どの家にも7人の神様がやってきます。
     

    一番最初に到着する神様は、急いで手ぶらで到着します。

    二番目に到着する神様は、ちょっと手土産でも…と準備をする分少し出遅れてしまいます。

    三番目、四番目、徐々にお土産が増えていきます。

     

    新しい家に到着された神さまは それぞれ、

    一番目…応接間
     

    二番目…玄関
     

    三番目…寝室
     

    四番目…リビング

     

    五番目…キッチン
    お料理を提供する場所ですが、(ゴミ)も出る場所

    六番目…お風呂

     

    七番目…トイレ

     

    烏瑟沙摩明王さまは、家主さんに たくさんの財産と宝物を持って来られるので、到着が一番遅くて居場所がトイレになってしまうのだそうです。

    なので、トイレ掃除をした人に神様は持ってきた財産、宝物を与えるのだそうです。

    それだけでなく

    1つ目 謙虚な人になれる
    2つ目 気づく人になれる
    3つ目 感動の心を育む
    4つ目 感謝の心が芽生える
    5つ目 心を磨く

     

    素晴らしいですね。