奈良びわの葉会

    9月8日は白露からの過ごし方

    白露と言う季節

    暑さも少しずつ収まり始め、草花には朝露がつくようになるという意味があり、暑さの種類が変わったように感じられる季節です。

    また、この季節は大気が不安定になりやすく雨が降る日が多くなります。

    この時期の雨が思わぬ被害をもたらすことも多く、注意が必要となっています。

     

    9月9日は重陽の節句、収穫祭と言う意味があり栗ごはんを食べると良いそうです。

    重陽の節句はアンチエイジングに効果的なのでビワ温熱やボディケアに良い日です。

    9月20日から彼岸の入りです。お彼岸の間はゆっくり体を休め、ビワ温熱などお体のメンテナンスの効果が倍増です。

    9月24日はお月見です。お月見は秋に3回あります。

    10月21日・11月17日です。

     

    秋の過ごし方が、冬に風邪をひかず元気にすごせるかが決まります。

    ゆっくり休む日、ケアをする日を意識して季節に合わせた過ごしかたを取り入れてみてください。

     

    今回の大きな台風により、自然には逆らえないなと実感いたしました。

     

    この時期に気をつけたいこと

    アレルギーによって誘発される気管支喘息の方は、冷たいもの、辛いもの、甘いもの、脂っこいものなどは少なめにしあっさりした、消化しやすくてビタミンをたくさん含んだ食品を食べると良いようです。

    秋海棠 (しゅうかいどう)

    庭にこの花が咲くと秋だなと毎年思います。

    花言葉は、片思い・恋の悩みなんだそうです。

    お知らせ