奈良びわの葉会

    9月9日は栗ごはんの日

    9月9日は、五節句のひとつ「重陽の節句」です。

    菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」といいます。

     

    五節句とは、江戸時代に定められた5つの式日(今でいう祝日)をいい、

    1月7日の人日の節句(七草粥)

    3月3日の上巳の節句(桃の節句/雛祭り)

    5月5日の端午の節句

    7月7日の七夕の節句

    9月9日の重陽の節句をさします。

     

    古来、奇数は縁起の良い陽数、偶数は縁起の悪い陰数と考え、その奇数が連なる日をお祝いしたのが五節句の始まりで、めでたい反面悪いことにも転じやすいと考え、お祝いとともに厄祓いもしていました。

     

    中でも一番大きな陽数(9)が重なる9月9日を、陽が重なると書いて「重陽の節句」と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

    今では五節句の中でも影が薄くなりましたが、五節句を締めくくる行事として、昔は最も盛んだったといわれています。

    9月8日は菊の花を用意しましょう

    9月8日に菊の花に綿をかぶせておき、翌朝、菊の露や香りを含んだ綿で身体を清めると長生きできるとされていました。

    正式には赤・白・黄の真綿(絹の綿)を用います。

    そんな風情を楽しむように、菊に薄い綿をかぶせてベールのようにアレンジし、お部屋に飾ってみると素敵です。

    栗ごはん

    江戸時代から重陽の節句に栗ごはんを食べる習わしがあり、「栗の節句」とも呼ばれています

    実は大人のひな祭り

    重陽(ちょうよう)の節句にともなう「後の雛」(のちのひな)という風習をご存知ですか?

    後の雛は江戸時代に親しまれた風習ですが、平成の今、“大人の雛祭り”と称され注目されています。もっと素敵に秋を彩るために、重陽の節句・後の雛を活かしてみてはいかがでしょう。

     

    後の雛には、貴重な雛人形を1年間しまい込まず、半年後に出して虫干しをすることで、痛みを防ごうという暮らしの知恵も込められています。

    また、雛人形は女性の幸せの象徴であり、人の分身として災厄を引き受ける役目もあるので、感謝と祈りを込めて大事に扱い、長持ちさせることが長生きにも通じると考えられています。

    アンチエイジングに効果的

    大人のひな祭りの日とも言われる9月9日はアンチエイジングにも効果的です。

     

    ビワ温熱はもちろん、ボディケアなどお体のメンテナンスをして元気に過ごしましょう。

    お知らせ