奈良びわの葉会

    二日灸って何?

    明日は年に2回の効果倍増の日

    二日灸ってご存じですか?

    旧暦の2月2日・8月2日にお灸やお体のメンテナンスをすると効果倍増だと昔から言われています。

     

    2019年は3月8日・8月31日になります。


     

    旧暦2月2日にお灸すると、その年を無病息災で過ごせるという言い伝えがあります。


    夏の旧暦8月2日も二日灸と呼び、より効果が期待できる時期とされてきました。朝晩の寒暖差がある時期だからこそ、メンテナンスをして元気にすごしましょうと言う意味が込められています。


    二月二日は春の季語として使われ「春の灸」とも表現されます。また八月二日は秋の季語となり、「秋の灸」とも「後の二日灸」とも表現されます。

     

    「かくれ屋や猫にもすゑる二日灸 (小林一茶)」
     
    「褒美の画先へ掴んで二日灸 (小林一茶)」
     
    「花に行く足に二日の灸かな (正岡子規)」

    おすすめのツボは?

    体の血行を良くすると言われる肩にあるツボの「肩井(けんせい)」

    夏の暑さには体のだるさや疲れにおすすめの足裏にあるツボの「湧泉(ゆうせん)」

    胃腸を整えてくれる「中脘(ちゅうかん)」

    セルフケアに取り入れましょう

    お灸だけでなく、ビワ温熱器でセラピーや、エステティシャンのボディケアに最適な日になります。

     

    季節の変わり目に無理をしないでお体を労わる事で、元気に過ごしましょう。