奈良びわの葉会

    暑さ寒さも彼岸まで

    9月23日は秋分の日。

    今年は秋分の日が日曜日のため、22日(土)〜24日(月・祝)まで三連休の方も多いですね。

    秋分の日は、「祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ」日として国民の祝日に定められています。

     

    彼岸とは、仏教の言葉で、煩悩を脱した悟りの境地のことを指しているそうです。

    この期間には、宗派を問わず各寺院で彼岸会の法要が行われます。

    これは日本独特の文化で、その始まりは平安時代中頃と言われています。

     

    お彼岸の時期にお供えするお菓子と言えば、「ぼたもち」「おはぎ」です。

    もち米をあんこで包んだお菓子ですが、季節の花にちなみ、春は牡丹餅(ぼたもち)」秋は「御萩(おはぎ)」と呼ぶようになったと言われています。

    古来より小豆の赤色には厄除けの力があるとされています。

    感謝の気持ちを伝えるためにご先祖様へお供えし、お下がりとしていただく際には、厄払いができるのが嬉しいですね。

    生駒山の宝山寺のお彼岸法要が行われます。

    秋分の日は決してイベントの日ではなく、古来からの仏教行事であるのを大切にしたいですね。

     

    秋分を過ぎると、胃の疾患にかかり易く、また再発しやすい時期になるので注意しましょう。

    中医学では、胃腸などの消化器官は冷たい刺激に敏感なので、かき氷やアイス珈琲などは控えましょう。

    陰陽のバランスの取れている時期だからこそ、生活のリズムをしっかりしないと下痢、腹痛などの症状に見舞われます。
    特に慢性的に胃腸の弱い方は、体自体を冷やさないように注意してください。

    温かく、柔らかく、優しい味のものを食べましょう。
    胡麻、胡桃、蜂蜜、梨などは肺を潤し、血を養うのでこの時期お勧めの食材です。

    お知らせ

    10月18日イベント出店びわの葉セラピーをワンコイン体験

     

    ツイッターはじめました。

    ブログの更新などつぶやきます。