奈良びわの葉会

    1月20日大寒からの過ごし方

    1月20日~2月3日は大寒【だいかん】と言う季節になります。

    1年で最も寒い時期と言われています。天気予報によると関西では27日~最も冷えるそうです。インフルエンザになる方も急増しているようです。暦の上では晩冬にあたります。首や肩の筋肉が固まりやすいので、しっかり温めて予防しましょう。

    首や肩などがこり固まったままにしていると気(心)のめぐりも滞りがちになってしまいます。毎年、真冬になると冬季うつなどネガティブな感情を抱きやすいと感じている人はいませんか?

    そんな自覚がある場合は、首や肩にビワ温熱をしてみましょう。憂うつになりやすいこの時季を、前向きな気持ちで過ごせ、もうすぐやってくる春を気持ちよく過ごせますよ。

    立春の前日は「節分」です。今年は2月3日(日)にあたります。

    節分とは、季節の分かれ目という意味。本来は四季の始まりとされる立春、立夏、立秋、立冬の前日はすべて節分がありますが、現在では立春の前日だけを指すようになりました。

    節分当日は、夜になってから家中の戸や窓を開けて「鬼は外、福は内」と大きな声で唱えながら、炒った豆(大豆)をまきます。古来、豆には神秘的なパワーが宿っていると考えられていました。

    恵方巻と言って巻きずしを黙って食べると言うのがありますが、個人的にこれは要らないかなと毎年思っています。

    恵方巻の習慣は、海苔の業者が始めたとか、色町の芸者に旦那衆が巻きずしを食べる姿を面白がって見ていたのが始まりなんだそうです。

    おススメ食材は?

    寒い時期は、体を温めるためにエネルギーを消耗するので非常に疲れやすくなります。

    いつも以上にビタミン・ミネラルがとれるような食事をしましょう。

     

    花粉症は冬・クリスマス・年末年始に暴飲暴食をされた方がデトックスしているとも言われます。

     

    野菜中心・うなぎ・豚肉・山芋などがおススメです。特に山芋は育毛効果があるようです。

     

    春の始まりを告げる2月4日「立春」は、お正月と同じくらい大事な節目です。その前にあたる大寒は、年末や大晦日と同じようなものですから、整理整頓をするのがオススメです。綺麗なお部屋になると、新しいエネルギーを取り込みやすく良い運や新しい縁に恵まれるような気がしませんか?